マンモグラフィ検診は30代以上から

マンモグラフィ検診とは乳房を圧迫して撮影するX線検査のことです。目安としては30代以上の方の検診に用いられることが多いです。30代以下でも親族に乳がん患者の人がいる場合には必要に応じて受診します。痛いというイメージが先行してしまって、ちょっと検査を受けることを躊躇してしまうかもしれませんが、慣れてくるとそれほど怖がる必要はないですよ。胸が小さいと痛みが大きくなるということはありませんから、1度は必ず受けてみましょう。

超音波検査は20代の女性向き

乳がんは40代以上の女性になると発症する確率が高まっていくそうですが、20代からでも発症することがありますから、家族で乳がんの人がいる場合には定期的に検査を受けておいたほうが安心ですよ。20代の女性はエコーと呼ばれる超音波検査を受診することをお勧めします。マンモグラフィでは見つけられないしこりなどをこの検査で発見することができます。この検査は痛みを伴うことはありませんから、初めての方でも安心して受診することができますよ。

20人に1人が乳がんを発症します

乳がんは日本人女性の20人に1人の割合で発症するそうですよ。遺伝も関係していますが、出産経験のない人、肥満傾向の人なども注意が必要です。40代以上の女性に対しては2年に1度検診を無料で受けることができるなどの補助制度がある自治体もありますので、検診のお知らせが来たら面倒と思わずに受診してみるといいでしょう。検診を受けることを習慣づけることによって、早期で発見される可能性も高まり、治療も早めに始めることができますよ。

乳がん検診を受ける際は医師から詳しい説明を受けることが健康的な生活を営むための心得になります。また、がんは誰でも発症する可能性があるので、定期的に検診を受けることで速やかな対処が可能です。

Categories: 未分類

Comments are closed.