自然植毛のメリットについて

後頭部などに生えている自分の毛で植毛する自然植毛を行った場合のメリットは、元々そこに生えていた毛と同じように扱えることです。時間の経過とともに伸びて行き、一定期間が経てば抜けて、そしてまた生えてくるといったサイクルを繰り返します。もちろん白髪になることも有りますので、一旦植毛施術をすれば後は植毛であることを意識する必要はありません。人工植毛は拒絶反応が起こるなどのリスクが有りますが、自然植毛はあくまでも自分の毛ですので、そのような心配はありません。

自然植毛のデメリットについて

安全性の高い自然植毛ですがデメリットとなる点もあります。十分に生え揃っている箇所の毛を抜いて薄毛部分に移植しますので、全体の毛髪の量は変わりません。そのため薄毛部分が広い場合は、自然植毛をしても満足した結果が得られない恐れがあります。また一回の施術で移植出来る毛の量は限られていますので、複数回施術を行わなければいけませんので完了までに時間がかかります。さらに植え替えた毛は一旦抜け落ちてから生えて行きますので、自然植毛の効果が得られるまでには時間がかかってしまいます。

人工植毛で気をつける点

自然植毛とは異なり人工の髪の毛を使って植毛する方法もあります。自然植毛は髪の毛が生え揃うまでに時間がかかりますが、人工植毛は一回の施術ですぐに効果が実感出来ます。また髪の毛の量を増やすことが出来ますので、薄毛部分が広くて自毛の本数が少なくても大丈夫です。ただし人工の毛髪のですので自然毛の様に伸びることがありませんため、定期的なメンテナンスが必要となります。また品質の良くない人工毛を使用すると、拒絶反応を起こす場合があります。

自毛植毛とは自分の健康的な髪の毛を別の場所に移植するものですが、効果を実感するようになるまで半年以上の期間を要します。

Categories: 未分類

Comments are closed.