シリコンを埋め込む豊胸手術

日本で行われている豊胸手術の中で、最も有名なのが、シリコン治療ですよね。胸にシリコンを埋め込むことによって、豊胸手術が完了し、治療にかかる時間も一時間ほどであるために、時間がなくても行うことができるというメリットがあります。また、一度行うことによって半永久的に効果が持続するために非常に便利ですよね。しかし、強い衝撃を与えてしまうとシリコンが萎縮してしまい、痛みを感じることがあるために、注意しなければなりませんよ。

ヒアルロン酸注入を行って豊胸手術を

シリコン治療の次に、人気があるのがヒアルロン酸注入です。これは、肌に非常に浸透しにくいヒアルロン酸を胸に注入することによって、豊胸手術を行うことができるというものであり、非常に多くの人から注目されています。個人差がありますが、長くて二年ほど効果が持続するために、一時的に豊胸手術を行いたい人には便利ですよね。また、何よりもシリコンよりも肌にかかる負担が少ないために、安心して治療できるというメリットがあります。

脂肪吸引から行う豊胸手術!?

脂肪吸引は、非常に多くの場所で行われているのですが、吸引した脂肪は捨てられることが主流でした。しかし、最近ではその脂肪を胸に注入することによって胸を大きくするといった手術も行われています。治療費はそれなりに高いのですが、部分やせすることができる他、豊胸もすることができるとなると、女性でしたら行わない理由はありませんよね。何よりも、自分の脂肪であるために特に体に負担をかけることなく、治療を行えるということが最大のメリットですね。

豊胸で手術をして大きくする場合には技術の高い実績の豊富な美容のクリニックを選ぶことで自然な仕上がりを目指せます。

Categories: 未分類

Comments are closed.