大人ニキビの原因と種類

子供の時と大人になってからできるニキビの違いをご存知でしょうか。10代の時にできるニキギはおでこを中心にニキビができますが、大人になってからはフェイスラインにできやすくなります。大人ニキビの種類は主に3種類あり、皮脂が溜まってできる白いニキビ、溜まった皮脂が酸化して黒くなってしまう黒いニキビ、そしてアクネ菌によって皮膚が赤く腫れてしまう赤いニキビがあります。肌はターンオーバーといって28日前後の周期で生まれ変わりますが、年齢を重ねるにつれてこの周期が長くなっていき、ニキビの痕がなかなか消えなくなるといわれています。大人ニキビは原因が多様で一度できてしまうと治しにくいため、治療よりも予防に重点を置いたケアが必要だということになりますね。

正しい睡眠で大人ニキビを撃退!

大人ニキビにもっとも重要なことは生活習慣の改善です。しっかりと睡眠を取るだけでも、寝ている時に分泌される成長ホルモンの手助けによって綺麗な肌が作られます。22時から26時が肌のゴールデンタイムだという話はよく耳にしますが、さらにもうひとつ意識しておきたいのが体温です。成長ホルモンは、眠る際に体温が下がれば下がるほど増えるとされています。眠る1時間前に入浴したり、軽く運動をしてみたり、温かい飲み物などを飲んで体温を上げてから眠ると成長ホルモンの分泌が促されます。

肌のターンオーバー促進にはタンパク質!

肌のターンオーバーを促進するためにはタンパク質が重要です。タンパク質は身体のいろんな部分を構成する成分であり、皮膚の原料でもあります。このタンパク質が不足すると新しい皮膚細胞が生まれなくなってしまい、肌はカサカサして水気がなく、角質が皮脂の穴を塞いでしまってニキビとなります。タンパク質を多く含む代表的な食べ物といえば納豆や豆乳などの大豆製品ですね。鶏のささみなども高タンパクであり、スーパーやコンビニで手軽に入手できるため、意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

毛穴の治療法にはピーリング治療や毛穴縮小レーザー治療、イオン導入、吸引付きマッサージなどがあります。

Categories: 未分類

Comments are closed.