がんが自然退縮した人の共通点

がん治療にはいくつかの方法がある中、がんが自然退縮した人々に共通していたのは、がんだからと決してあきらめずにつねに前向きの姿勢であったこと、NK細胞などの免疫細胞が活性化していたこと、そして精神力と免疫力が相乗効果を発揮していたこと、この3点だったそうです。つまり心の持ち方と免疫力がポイントだということがわかるでしょう。心と免疫力とがんは深い関係があり、心の在り方というものが無視できないといえます。

免疫力を高める生活を送る

がんを克服した人々に共通していた生活は、自立した患者になること、化学療法などいわゆる三大療法に頼りすぎないこと、生き生きとした気持ちで生活していたことがあげられます。さらに、これまでの生活習慣を見直すこと、本当に有効だと思える代替医療を選ぶこと、この5点にどうやらがんを克服するカギがあるといえるでしょう。がんは免疫力は低下して起きる病気ですから、免疫力を上げるために克服した人々の意見も参考にしてみましょう。

がんに負けない体内環境をつくる

がんだとわかった時に大事なことは、免疫力の高い体内環境をまずはつくることです。せっかく治療をおこなっても、抵抗力がなければ体力を奪われて、副作用や合併症でまいってしまいます。それでは、どのようなことを心がければいいのか、そのカギとなるのは食事と睡眠、体温とストレスでしょう。食事については肉を控えてタンパク質は魚からメインに摂取しましょう。玄米菜食は消化機能がよわっているがん患者には対応ができないので、どうしても玄米にこだわるのであれば、せめて胚芽米にすることが必要です。

がんが転移をすると治すことが難しくなるのでがんには早期治療が有効とされています。定期的に検診を受けたりすることが大切なのです。

Categories: 未分類

Comments are closed.